Monacoinのこれからの展望について

NO IMAGE

前回の記事で書いたとおり、Chipというクラウドソーシングサービスを使って記事を書いてもらったのでその記事を一部文体を変更し、編集して載せておきます。

以下から書いてもらった記事です(ちょこっとわかりにくい場所を編集したりはしてます)

今回の急激な価格高騰やBITTREXでは出来高がトップになったことによりさらに世間にも認知されつつあるMonacoin、今後の動きは一体どうなっていくのか

現在(10/13-10/15)の高騰の一番の要因は日本で最大規模のBitflyerでの取り扱いに要因するところが大きかった。ただ、海外の反応はなぜ突然モナコインが高騰したのかという動揺もあり困惑している人も多数いる模様です。その中でも状況を正しく分析している人も一定数おり、やはり【使えるコイン】であり、実際に買い物ができるということが現在の買いの状況を推し進めていることが判明した。

意外と、多数あるクリプトカレンシー(仮想通貨)の中で実際に現実世界で使えるものというものは少ない。ビットコインなど仮想通貨で買い物ができるTenXも現在ではヨーロッパでしか使えないという現状の中(アメリカでは2017年の10月から12月の間に投入と発表されている)、ARKやビットコインモール、Monappyなどで実際に買い物ができるということが大きく信頼を得ることへつながった。多くあるクリプトカレンシー(仮想通貨)の中でもいち早くSegwitにも対応し、日本国産という一種のブランドであるということも大きいかもしれない。

今後の展望としてはさらに多くの大手の取引所での扱いが増え売買の活性化が望まれる。その中で先ほど挙げた要因がどこまで価格を推し進めるのか楽しみなところではある。現状分裂を繰り返していく様相のビットコインと比べ安定した成長が見込まれており、巷では次の日本のBTCまたはETHという声も聞こえてくる。

以上、書いてもらった記事です。

 

 


Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?