Raspberry pi上で使えるOS8選

Raspberry pi上で使えるOS8選

Rd今回は、ラズベリーパイへインストールできるOSを一覧にまとめてみました。

まずトップを飾るのは公式OSでもあるRaspbianです。

raspbianはベースがDebianでRaspberry Pi公式なOSでDebianベースなのでaptが使えます。また、Raspberry PiのOSの中では、おそらくいちばんシェアが大きいので資料がそれなりに多く初心者には安心してつかえるOSです。筆者も最初はこのOSを使用していました。

続いては初心者用につくられたOS Noobsを紹介したいと思います。まずNoobsとは簡単に言ってしまうと、さまざまなOS(5、6種類ほど)がかんたんにインストールできるOSインストーラーです。また、その他、マルチブート機能も付属しています。ただ、慣れてくるとイメージをダウンロードしてSDカードに突っ込んだり後述するberrybootを使った方がいい気がします。

次に紹介するOSはubuntu mateです。このOSはあのubuntuファミリーなのでubuntuのソフトが使え意外と便利です。(firefox等)

あと、設定もGUIでできるので、(ほぼすべての作業がGUIで可能)これも初心者向けのOSだと思います。

ただ難点としてはRaspbianと比べて少し重めです。

windows10 iot coreはあのwindows10の亜種です。

極めてらしくないですが一応windowsの仲間です。マルチウィンドウすらなくてもいちおうwindowsの仲間です!

という戯れ言(?)はさておき、このOSは、初心者にとっては非ユーザーフレンドリーなOS(下の写真参照)といえるでしょう。ちなみに特徴としてはiotに特化し、ブラウザーからの操作が基本なことですかね。


Raspberry Pi上

ブラウザーからはこんな感じ

ブラウザーから見ると案外ユーザーフレンドリーですねー
OSMC

OSMCはかなりメディア関連に特化したOSで基本的にはTVに常時つなげて使っていく感じになります。TVが古くてインターネット等に対応してない時はおすすめです。

libreelec

基本的にはOSMCと対して変わらない気がしますがUIがちょっと違う。

Kodiの後継。

Risc OSはよくわからなかったので説明はなしにしておきます。。

興味がある方は

https://ja.wikipedia.org/wiki/RISC_OS

でもご覧ください

 berrybootとはラズベリーパイ上で使用できるマルチブートOSです。

このOSではRaspbian,ubuntu mate, android, kail os等がインストールできて便利ですがwindows iot が標準ではインストールできないのがちょっと若干残念な点。

Raspberry piカテゴリの最新記事